ほっとブログ

環エネリポート01. オフグリッド 2015.04.28

 こんにちは 環境エネルギー事業部です。

毎回、私たちの暮らしにとって大切なかかわりをもつ、エネルギー関連の話題をお送りしていきます。

1 電気代ゼロで生活できるの

「オフグリッド」ってご存知ですか?

「オフグリッド」=「電力会社の送電網と連携しないこと」、つまり電気を一切買わないことなんです。

太陽光発電で作り出した電気を使い、夜間はバッテリーに貯めた電気を使います。

北米では、電気を一切買わないで暮らす人を「オフグリッダー」といい、生活スタイルとして広がりつつあるようです。 北米のオフグリッダーは、電気だけでなく、野菜なども自給しているケースが多いそう。

日本でも実践する人がでてきています。日経新聞が、愛知県豊田市での、ある一家の実践について報じています。

www.nikkei.com/article/DGXMZO83691220W5A220C1000000/

子供たち、楽しそうにお手伝いしていますね。

このケースで注目すべきは、発電量の少なさ。わずか870w。屋根の一画にパネルが載っているだけです。価格は80万円とのこと。工夫すれば、たったこれだけの電気で、毎日の生活を全部まかなえるんですよね。

2.部分オフグリッダーになら、今すぐなれる

都会でも、たとえ屋根が小さくても、太陽光パネルを数枚置けば、すぐに部分オフグリッダーになることができます。例えば、書斎の照明だけは、電力自給でいく、とかね。そうすれば、災害時も安心です。

今まで、太陽光発電というと、売電して収益を得ることばかりに焦点が当てられていました。ですが、買取制度もいずれ終わります。オフグリッドというスタイルこそ、本来の再生可能エネルギーの使い方なのだと思います。

ページトップへ戻る